, コンテンツにスキップする

LMEでアルミ中心に大半の金属上昇、英EU合意などで-銅は下落

24日のロンドン金属取引所(LME)では大半の非鉄金属が上昇。薄商いの中、投資家は米追加経済対策法案を巡る新たな動きや、英国と欧州連合(EU)の通商協定の合意に注目した。

  英国とEUは歴史的な通商協定の合意にこぎ着けた。米下院共和党は、新型コロナウイルス禍に対応するための個人への直接給付額を2000ドル(約20万7000円)に引き上げる民主党の試みを阻止した。2000ドルへの引き上げはトランプ大統領も要求していた。民主党は28日に新しい法案で点呼投票による採決を実施する。

Spot gold is set for the biggest advance in a decade this year

  LMEではアルミニウムが上げをけん引し、前日比1.2%高の1トン=2030ドルで終了。一方、銅は0.7%下落した。

原題:Gold Edges Up as Traders Assess Brexit Trade Deal, U.S. Relief、Aluminum Climbs With Most Metals on Post-Brexit Deal Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE