, コンテンツにスキップする

ネットフリックスのヘイスティングス氏、自社株売却で2.25億ドル

  • 年間では6億ドルを上回る規模の自社株売却を実施
  • 1-9月は会員数2810万人増加、新型コロナの巣ごもり需要が背景

動画配信サービスの米ネットフリックスのリード・ヘイスティングス共同最高経営責任者(CEO)は直近の自社株売却で2億2500万ドル(約230億円)を手にした。

  今年行われた売却はこれで計6億1600万ドルに上り、月額料金(平均)に基づけば、会員約470万人分の年間料金に匹敵する。売却は取引計画の一環として行われており、最新は今月21日だった。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、ヘイスティングス氏(60)の純資産は今年、約22億ドル増えて64億ドルと、米国で120番目に裕福な人物となった。

Opening Day Of The Mobile World Congress

リード・ヘイスティングス氏

写真家:クリス・ラトクリフ/ブルームバーグ

  新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす機会が増えたことが後押しし、会員数は1-9月に2810万人増加株価は年初から約6割上昇している。

原題:Netflix’s Reed Hastings Collects $225 Million in Stock Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE