, コンテンツにスキップする

フィデリティ最大のMMF、計260億円の手数料と費用を免除

  • 免除なければ「フィデリティ・ガバメントMMF」利回りマイナスに
  • 米金融当局が低金利を維持しているためリテールMMFは苦戦

フィデリティ・インベストメンツは、同社最大のマネー・マーケット・ファンド(MMF)の手数料と費用を計2億4700万ドル(約260億円)免除した。これは、前例のない年となった2020年に低利回りが金融商品を圧迫したことを示唆している。

  「フィデリティ・ガバメントMMF」は先週の届け出で4-10月の数字を明らかにした。免除がなければ、同MMF(運用資産2120億ドル)の投資家の利回りはマイナスとなっていた。

  米連邦準備制度が新型コロナウイルス危機に対応するために低金利を維持する中、リテールMMFは今年に入り苦戦している。そのため、経費を賄いながら投資家に支払うのに十分な金利収入を確保することが困難になり、免除につながった。その結果、運用会社は運用資産が増えても収入が減少する事態に直面している。

原題:Fidelity’s Largest Money Market Fund Waives $247 Million of Fees(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE