, コンテンツにスキップする

コロナ禍でも金融業界の求人は旺盛、保険やフィンテック-転職市場

  • 即戦力を重視、最終面接はオンラインより対面で-ミスマッチを回避
  • 実際の転職先は異業種が6割超、金融出身者の活躍の場に広がり

新型コロナウイルス禍で企業の中途採用活動が影響を受ける中、金融業界の求人は他業界に比べて旺盛だ。パーソルグループの調べによると、金融業の10月の求人数は8月から14%増加し、外食、小売り、商社などの業界に比べ回復も鮮明となっている。

  パーソルが提供する転職サービス「doda(デューダ)」の喜多恭子編集長によると、金融業の求人は保険業を中心に伸び、ネット銀行・証券などフィンテック関連が続く。生命保険の見直しや損害保険に関する問い合わせへの対応のほか、金融業務のデジタル化に関連した人材を求める企業が増えた。

  転職情報サイト「デューダ」(累計会員数約587万人)のデータに基づき2008年9月のリーマンショック後と比べると、リーマンショック前後では求人が最多で50%減少したのに対し、コロナショックでは35%の減少にとどまっている。最新の「デューダ転職求人倍率レポート」によると、11月の金融業の転職求人倍率は1.7倍。 

3月と比較した8月の求人数

金融業界は、緊急事態宣言前後の求人の落ち込みが2番目に少ない

出所:転職サービス「doda」資料を基にブルームバーグが作成

  ここに示す2つのチャートからは金融業界の求人について、緊急事態宣言が出された時期の減少がIT業界に次いで2番目に少なかっただけでなく、その後の回復も早いことが分かる。

8月と比較した10月の求人数

金融業の求人数増加はメディアに次いで2番目に多い

出所:転職サービス「doda」資料を基にブルームバーグが作成

即戦力を重視    

  リクルートキャリアでは、金融業では即戦力が求められるため、中途採用の傾向が強いと分析。特に銀行や証券では、コロナ禍でも短期で成果を上げてくれることを期待して採用の動きが強まっているという。同社が提供する「リクルートエージェント」は業界首位の転職支援実績を持つ。

  リクルートキャリアで金融機関で働く人材の転職を支援する水谷努氏は、同業界の転職では、より専門性の高い業務の遂行能力を持つ人材が優位だと指摘する。ストラクチャードファイナンスや企業の合併・買収(M&A)に関する実務経験など「もうひとひねり」のスキルが重視されるという。

  他業界に比べ求人が旺盛な金融業界だが、コロナ禍で急速に普及したオンライン面接の活用には慎重だ。デューダの喜多氏は特に最終面接については対面で行う金融機関が多いと話す。オンライン面接が全体の約8割を占める中でも、採用後のミスマッチを回避するため対面に比重を置いてきたとしている。

1月から10月までの転職決定先

転職は金融業から異業種への転出が大半

出所:転職サービス「doda」のデータを基にブルームバーグが作成

  一方、コロナ禍は金融業界で働く人の転職先選びにも影響を与えている。デューダのデータによると、1月から10月の間に再び金融業に転職を決めた人は全体の約36%で最も多いが、それ以外の6割超はIT・通信、建設・不動産、コンサルティング・リサーチ業界など異業種だ。

  リクルートキャリアの水谷氏は、新たな職場を求める金融機関在籍の登録者数は減少していないが、かなり慎重に転職先の情報を探す人が目立つと明かす。デューダの喜多氏も職業柄か注意深い人が多く「コロナが落ち着いてから動こうとする人が他業種と比べて多い」と言う。

  喜多氏は不景気の中、さまざまな業界から出される求人は、その企業に欠かせないポジションであるとの認識を示した。その上で、金融業界出身の人材にとっては、将来の「活躍の場が広がる可能性がある」とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE