, コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のOPay、北アフリカへの決済業務拡大を計画

  • ロックダウン中にOPayの決済プラットフォームでの取引が急増
  • OPayの11月の決済額は14億ドルと、1月から約4倍に増加

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ソフトバンクグループが出資するナイジェリアのフィンテック企業OPayは、新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)中に自社プラットフォームでの取引が急増したことを受け、来年の早い時期に北アフリカに決済サービス業務を拡大する計画だ。

  ロックダウン中に人々が代替的な決済サービスを求めたため、OPayのプラットフォームでの決済額は11月に14億ドル(約1450億円)と、1月の3億6300万ドルから約4倍に増加した。同社のマネジングディレクター、イニアバシ・アクパン氏がインタビューで明らかにした。

  ソフトバンクGや中国の美団点評などを株主に持つOPayは、6月に財務上の自立を達成しており、事業拡大計画を賄うのに十分な現金が銀行に残っていると説明した。

ソフトバンクG出資のOPay、ナイジェリアでの一部事業を停止

原題:
Softbank Backed OPay Eyes North Africa After Nigeria Success (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE