, コンテンツにスキップする

英、イングランド都市封鎖26日から拡大-さらに感染力強い変異種確認

  • イングランド大部分が最も厳しい「ティア4」規制対象に
  • 南ア共和国由来の異種の感染例を国内で確認

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ジョンソン英政権は23日、新型コロナウイルスの変異種の感染急拡大に対応するため、ロックダウン(都市封鎖)の対象地域をイングランドの広範囲に拡大する規制強化を発表した。

  ハンコック保健相は記者会見で、イングランド南東部のサセックス、中南部オックスフォードシャー 東部サフォークとノーフォーク、中部ケンブリッジシャー、南部ハンプシャーの大部分の地域、東部エセックスの残されていた地域が、26日午前0時1分(日本時間同9時1分)から最も厳しい「ティア4」の規制対象になることを明らかにした。

  ティア4が既に適用されているロンドンおよびイングランド南東部を含む対象地域では、生活必需品以外の店舗が閉鎖され、人的接触がさらに制限される。

  ハンコック保健相によれば、感染が拡大している変異種よりさらに感染力の強い南アフリカ共和国由来の異種の感染例が、国内で2件確認された。保健相は、南アから最近帰国した人に自主隔離に入るよう求めた。

relates to 英、イングランド都市封鎖26日から拡大-さらに感染力強い変異種確認

記者会見するハンコック保健相(23日)

出典:A


原題:Johnson Extends Lockdown to Much of England to Curb Virus (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE