, コンテンツにスキップする

ファイザー、ワクチンの追加供給で米政府と合意間近-関係者

ファイザーは新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチン最大1億回分の追加提供で、米政府と最終合意に近づいている。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  合意がまとまれば、感染予防の強化に取り組む政府が実施できるワクチン接種の回数が増える可能性がある。協議が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、話し合いは22日夜も続いており、早ければ23日の合意発表もあり得るという。

  合意の一環で、米政府はその権限を利用して、ワクチン製造に必要なさまざまな原料の調達でファイザーに便宜を図ることになりそうだ。ただ、関係者によれば、合意が先送りされる可能性もある。

  米政府は7月、ファイザーがドイツのビオンテックと共同で開発したワクチン1億回分の供給を確保。19億5000万ドル(約2000億円)相当の合意にはワクチン5億回分を追加取得するオプションが付いていた。

原題:
Pfizer Near Accord to Supply Additional Vaccine Doses to U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE