, コンテンツにスキップする

米政府、中国のデータ会社利用を避けるよう企業に促す-リスク警告

  • 米ネットワーク・データは中国拠点のサイバー脅威にさらされている
  • 国土安全保障省のウルフ長官代行が22日公表の書簡で指摘

米国土安全保障省はサイバーセキュリティーなどに関するリスクを理由に、中国とつながりのある企業が提供するデータサービス・機器を利用しないよう米企業に警告した。

  同省のウルフ長官代行は22日夜に公表された長文の注意喚起を添えた書簡で、「米国のネットワークとデータは中国を拠点とするサイバー脅威にさらされており、そのデータを利用することで中国企業に世界市場での不当な競争上の優位を与えている」と指摘した。

  さらに「中国政府に個人データと専有データという機密データへの不正アクセスを許す慣行は、米国の経済と企業を直接的な搾取のリスクにさらしている」とし、「中国とつながりのある会社と契約を結ぶ前に企業に注意を払う」よう促した。

  同省は「中国の行動の結果として米企業が直面するデータ関連のリスク」を巡る議論の中で最近起きたサイバー攻撃については触れなかったが、「中国のデータ収集行動は企業秘密や知的財産、その他の機密ビジネス情報の盗難を含む多くのリスクを米国の企業および顧客にもたらしている」と主張した。

原題:U.S. Urges American Firms to Shun Chinese Data Service Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE