, コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのミレニアム、2000年以来の好成績に向かう

  • マルチ戦略のヘッジファンドは年初来でプラス23.3%に達する
  • ミレニアムは今年、約70チームを採用-1989年の創業以来で最多

イジー・イングランダー氏率いるヘッジファンド運用会社ミレニアム・マネジメントは今年、20年ぶりの好成績となる軌道にあり、人材もこれまでで最も多く採用している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者によると、マルチ戦略のヘッジファンドでは12月の運用成績が17日時点でプラス3.4%。年初来ではプラス23.3%に達している。一方、その間のS&P500種株価指数は約15%上昇。ブルームバーグの指数によると、ヘッジファンドは1-11月のリターンがプラス5.8%だった。

  関係者によれば、トレーダーで構成される「ポッド」と呼ばれる240余りのチームを資産運用の要とするミレニアムは今年、約70チームを採用。これは1989年の創業以来最も多い。ミレニアムはさらに20余りのチームを1年半で始動させる計画だ。

  ミレニアムは3月の市場混乱で打撃を受けた後、複数のポッドを閉鎖したが、2020年は最終的には解雇より採用の方が多かった。人員拡大は資産クラスと地域の多様化を目指す複数年にわたる取り組みの一環。今年新たにスタートしたチームの半数は米国外だと、関係者の1人は語った。

  同社の担当者はコメントを控えた。

関連記事
ヘッジファンドのミレニアム、8300億円を投資家に返還へ

原題:Englander’s Millennium Poised for Biggest Gain Since 2000 (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE