, コンテンツにスキップする

アップルCEO、過去にテスラ買収巡る協議拒否-マスク氏明かす

更新日時
  • モデル3開発の「最も暗い日々」にアップルに協議打診-マスク氏
  • 現在の価値の10分の1でテスラ売却の可能性を協議する計画だった
テスラのイーロン・マスクCEO

テスラのイーロン・マスクCEO

Photographer: BRITTA PEDERSEN/AFP
テスラのイーロン・マスクCEO
Photographer: BRITTA PEDERSEN/AFP

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は数年前に米テスラの買収を巡り協議することを拒否していたと、テスラのイーロン・マスクCEOが22日明らかにした。

  マスク氏はツイッターで、テスラ「モデル3」開発の「最も暗い日々」にアップルに取引の可能性を巡る協議を打診していたと指摘。アップルにテスラを現在の価値の10分の1で売却する可能性について話し合う計画だったという。これは約600億ドル(約6兆2000億円)を示唆する。

  テスラは2017年、モデル3の増産で現金燃焼が続いていた。マスク氏は当時、カリフォルニア州フリーモント工場の従業員に対し、6カ月かそれ以上の「生産地獄」に直面していると伝えていた。 

  これとほぼ同時期にアップルは、テスラ車と本格的に競合する車の開発から自動運転車の基盤システムの開発に移行することを決定していた。ただ、アップルはここ数年はドライブトレイン、自動車内装、自動運転技術を専門とする多くの元テスラ幹部を採用している。また、自動運転車の開発を専門とする複数の企業を買収しており、同社が再び同市場への参入を検討していることを示唆している。 

  アップルの広報担当者はマスク氏の発言に関するコメントを控えた。テスラにもマスク氏が言及した提案の時期についてコメントを求めたが、返答は得られていない。

アップル株上昇、自動運転車巡る報道で-慎重ながら楽観的な見方多く

原題:Musk Says Apple CEO Refused Talks for Tesla at $60 Billion (3)(抜粋)

(3、4段落目に背景を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE