, コンテンツにスキップする

12月22日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:S&P500続落、ドルは続伸-新型コロナに警戒続く

  22日の米株式市場ではS&P500種株価指数が3営業日続落。新型コロナウイルス変異種の感染拡大を抑える一連の制限措置が警戒され、米経済対策・歳出法案の可決を受けた楽観ムードを冷やした。ドルと米国債は上昇。

  • 米国株はS&P500が続落、新型コロナ変異種を警戒
  • 米国債は上昇、10年債利回り0.92%
  • ドル上昇、逃避需要高まる-薄商いの中
  • NY原油は続落、コロナ変異種による需要後退を懸念
  • NY金は3日続落、ドル上昇で

  S&P500種は前日終値をはさんでもみ合った末、下落で終了。消費者サービスやエネルギー関連銘柄の下げが目立った。ナスダック総合指数とラッセル2000指数は薄商いの中、過去最高値を記録。バイデン次期米大統領は新型コロナの感染状況がさらに悪化する見通しについて警告し、来年早々に新たな経済対策をまとめる準備を議会に呼び掛けた。

  S&P500種は前日比0.2%安の3687.26。ダウ工業株30種平均は200.94ドル(0.7%)安の30015.51ドル。ナスダック総合は0.5%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.92%。

  ボイヤー・バリュー・グループのマネジングディレクター、ジョナサン・ボイヤー氏は「流動性が低いせいで株式相場の変動が誇張されることが時にある」と述べた。

  ダウ平均の構成銘柄では、医薬品メーカーのアムジェンが臨床試験結果を受けて下落。アップルは自動運転技術の開発を進めているとの報道を手掛かりに買われ、ナスダック総合を押し上げた。

  外国為替市場ではドルが主要10通貨の全てに対し上昇。英国と欧州連合(EU)の通商交渉難航や、新型コロナ感染拡大を踏まえた活動制限措置の広がりを受け、ドルの逃避需要が高まった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.6%上昇し、3営業日続伸。ドルは対円で0.3%高の1ドル=103円61銭。ユーロは対ドルで0.7%安の1ユーロ=1.2164ドル。ポンドはドルに対し0.7%安の1ポンド=1.3371ドル。 

  ニューヨーク原油先物相場は続落。新型コロナ変異種の感染拡大とそれに絡む移動規制で世界の燃料消費がさらに落ち込むとの見方が広がった。またドルが上昇し、ドル建てで取引される原油の投資妙味を弱めた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は95セント(2%)安の1バレル=47.02ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント2月限は83セント安の50.08ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3営業日続落した。ドル上昇が背景。投資家は米追加経済対策・歳出法案の議会通過と、コロナ感染状況悪化の両方を意識している。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.7%安の1オンス=1870.30ドルで終了。

原題:Stocks Extend Slide Amid Lingering Virus Concern: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Gains on Virus Variant, Final Brexit Push: Inside G-10(抜粋)

Oil Slips With New Coronavirus Strain Threatening Fuel Demand(抜粋)

Gold Falls for Third Day With Dollar Up on U.S. Stimulus Accord(抜粋)

◎欧州市況:反発、米追加経済対策で-通商交渉難航で英国債は上昇

  22日の欧州株は反発。前日は約2カ月ぶりの大幅安だった。米上院が新型コロナウイルス感染拡大の影響に対応する追加経済対策案を可決した一方で、英国と欧州連合(EU)の通商交渉は今も継続している。

  ストックス欧州600指数は1.2%高と11月16日以来最大の値上がりだった。テクノロジー、銀行、公益事業が特に上昇した。

  ドゥナス・キャピタルのアルフォンソ・ベニト最高投資責任者(CIO)は、「移行期間の終了まで10日しかないのに何も明確になっていない。多くの不確定要素が残っている」と指摘。「年末最後の数日間の取引では、新型コロナと通商交渉に関するニュースが引き続き投資家の関心を集めるだろう」と述べた。

  欧州債はドイツ債が上昇。パフォーマンスは英国債を下回った。英国債は英国とEUの通商交渉でまだ大きな進展がないとEU外交当局者が語ったとの報道を手掛かりに上昇した。

  イタリア債は小幅高。ドイツ債とのイールドスプレッドは115ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)で変わらず。

  英国債利回り曲線はブルスティープ化。英2年債利回りはここ3日間の下げ幅が3月以来最大となった。短期金融市場が織り込む英中銀による10bpの利下げ時期は来年9月と、前日から変わらず。12bpの利下げは2021年末までとして織り込まれている。

  ドイツ10年債利回りは2bp下げてマイナス0.6%、フランス10年債利回りは2bp下げてマイナス0.35%、イタリア10年債利回りは2bp低下して0.55%。

原題:European Stocks Rise on U.S. Stimulus as Brexit Talks Rumble On、Gilts Rise on Brexit Stalemate, Bunds Follow: End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE