, コンテンツにスキップする

ボーイング、737MAXの販売拡大-アラスカ・エアが追加発注

  • アラスカ・エアは発注を68機に増やし、エアバス機返却
  • 「シンプルで単一の航空機材構成に大きな利点」とCEO

ボーイングは737MAXの販売実績を伸ばした。アラスカ・エア・グループが発注を68機に増やし、主な航空機材を単通路機に戻す計画を明らかにした。

  22日付の当局への届け出によると、アラスカ・エアはエアバスA320シリーズ20機の運航を直ちに停止し、機材返却で10ー12月期に最大2億5000万ドル(約260億円)を計上する。

  アラスカ・エアはボーイングとの契約条件を公表していない。ただ航空コンサルティング会社アビタスの試算によると、68機は約33億ドル相当。同社の従来の注文は2012年に発注した32機だった。

  アラスカ・エアのブラッド・ティルデン最高経営責任者(CEO)は発表に先立つオンラインでのインタビューで、「シンプルで単一の航空機材構成に大きな利点がある」と指摘。保守管理や訓練、他の経費で所有者の低コストに言及した。

  ボーイングの株価は22日、0.2%安。取引時間中には上昇する場面もあったが、新型コロナウイルスを巡る懸念で米株式相場が落ち込む中で上げを消した。

原題:Boeing Extends 737 Max Sales Streak as Alaska Boosts Order (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE