, コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、SPACのIPO申請-最大5.25億ドル調達へ

  • 孫正義氏率いるソフバンクGにとって初のSPAC上場申請
  • SVFはモバイル通信やAI、ロボット工学などのセクターに注目へ

ソフトバンクグループは21日、特別買収目的会社(SPAC)のSVFインベストメントの新規株式公開(IPO)を通じ最大5億2500万ドル(約542億円)を調達する計画を米証券取引委員会に提出した。SPACはIPOの時点で買収先が特定されておらず「ブランクチェック(白地小切手)会社」とも称され、今年は上場手段として注目されている。

  届け出によれば、SVFはモバイル通信技術や人工知能(AI)、ロボット工学、クラウド技術、ソフトウエアなどのセクターに注目する方針。

Key Speakers At The 2019 Milken Conference

ラジーブ・ミスラ氏

写真家:パトリックT.ファロン/ブルームバーグ

  SVFを率いるのは2人で構成される取締役会。ソフトバンクのビジョン・ファンドの責任者であるラジーブ・ミスラ氏がSVFの会長兼最高経営責任者(CEO)を務める。ビジョン・ファンドの最高財務責任者(CFO)を務めるナブニート・ゴビル氏がSVFでも同じ役割を担う。

  ビジョン・ファンドを運営するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズがSVFも監督する。事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に語ったところによれば、SVFはソフトバンクがこれまで投資していなかった企業を買収する計画。目論見書にはソフトバンクが既に関係する企業の買収を目指すことは禁止されていないと記されている。

原題:
SoftBank Files for SPAC to Raise Up to $525 Million (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE