, コンテンツにスキップする

英、交易ルートの早期再開に取り組む-新型コロナ変異種で孤立深まる

  • 「できるだけ早期」再開目指すとジョンソン首相、仏大統領と会談後
  • フランスはドーバー港からの貨物輸送を停止-英での変異種発生で

ジョンソン英首相は21日、フランスとの交易ルートを「できるだけ早期に」再開しようと取り組んでいると表明した。終日にわたる両国の協議にもかかわらず、英仏海峡の主要港での混乱は解消されていない。

  フランスは20日深夜に英南東部のドーバー港からの貨物輸送を停止。より感染力の強い新型コロナウイルス変異種を巡る懸念で、英政府はロンドンおよび周辺地域での厳しいロックダウン(都市封鎖)措置を余儀なくされた。一方、スペインとポルトガルを含む数十カ国が航空便を制限し、英国は事実上隔離されたも同然だ。

  ジョンソン首相は記者会見で、フランスのマクロン大統領と会談したほか、英仏運輸相会談も行ったと明らかにした。その上で、「われわれは互いの立場を理解しており、こうした問題をできるだけ早期に解決したいと考えている」と語った。

  英政府は出国前のトラック運転手に新型コロナ検査を実施する緊急対策の策定を進めている。英紙テレグラフが21日遅くに匿名の当局者1人を引用して伝えた。

  英国は国内外への物流を維持する方法を模索している。新型コロナの変異種発生を受け、ジョンソン首相はホリデー期間の制限を緩和する計画を撤回。欧州連合(EU)離脱後の通商交渉は依然難航している。

  首相は国民の危機感をあおらないよう努めた。英国に輸入される食品で輸送停止の影響を受けているのは「ほんの数%」とし、「大半の食品、医薬品などは通常通り国内外に流通している。まさにこうした事態のために政府は長期にわたって準備してきている」と述べた。

関連ニュース:
英、食品供給が大混乱も-コロナ変異種で近隣諸国との物流に影響
EU離脱移行期の終了迫る英国、輸入需要が急増-港は混乱、大渋滞
英国からの渡航、欧州各国が相次ぎ禁止に-コロナ変異種の感染拡大で

原題:
Isolated U.K. Battles to Reopen Trade Route Amid Port Chaos (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE