, コンテンツにスキップする

テスラ株急落でもアークETFは最高値-バイオ3銘柄が絶好調

  • 遺伝子編集の技術利用した医薬品開発企業への投資が奏功
  • アークETFは年初来上昇率168%、S&P500種株価指数の10倍以上

キャシー・ウッド氏が率いるアクティブ運用型の上場投資信託、アーク・イノベーションETF(ARKK)は21日、過去最高値に達した。最大の保有銘柄である電気自動車メーカー、テスラの下落や世界的な株安に逆行した。

  CRISPR/Cas9(クリスパー・キャスナイン)という「はさみ」を使った遺伝子編集技術を利用した医薬品を開発するバイオテクノロジー企業への投資が奏功している。

Gene-editing focused biotechs have helped fuel Ark Innovation ETF this year

  アークETF上昇の原動力は遺伝子編集技術を手掛けるエディタス・メディシンCRISPRセラピューティクスインテリア・セラピューティクスの3銘柄。これらの銘柄はともに2桁の上昇となり、いずれも最高値を更新、21日のナスダックバイオテクノロジー指数の値上がり上位5銘柄に入った。

  178億ドル(約1兆8400億円)規模のアークETFは年初来の上昇率が168%とS&P500種株価指数の10倍以上となっている。テスラ株は680%余りの値上がりで今年のトップだが、少なくとも3つのヘルスケア銘柄も上昇率トップテンに入っている。

原題:Cathie Wood’s Biotech Bets Drive Ark Innovation ETF to Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE