, コンテンツにスキップする

バイデン次期米大統領夫妻がコロナワクチン接種、国民の信頼向上狙い

  • バイデン氏、ワクチン接種を行う医療従事者に謝意を表明
  • トランプ政権の「ワープ・スピード作戦」の功績認める

ジョー・バイデン次期米大統領とジル夫人は21日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンを接種した。ワクチンに対する国民の信頼向上を目指す米政界リーダーに仲間入りした。

  バイデン次期大統領はデラウェア州ウィルミントンのクリスチアーナケア病院で行われた公開イベントで、2回接種の1回目を受けた。ジル夫人も同日早くに接種を受けた。ワクチンはいずれもファイザーと独ビオンテックが共同開発した製品。

コロナワクチンの接種を受けるバイデン次期米大統領(12月21日)

Source: Bloomberg)

  バイデン氏はワクチン接種について「これらの人々や科学者、接種を取りまとめ最前線で働く人々のおかげだ」と謝意を表した。

  同氏はまた、ワクチン開発を加速させるホワイトハウスのプログラム「ワープ・スピード作戦」を軌道に乗せたことについてトランプ政権に一定の功績を認めた。

  ワクチンの有効性への米国民の疑念が世論調査で示される中、ペンス副大統領とマコネル共和党上院院内総務、ペロシ下院議長も自身のワクチン接種を公表している。トランプ大統領はまだ接種しておらず、接種する時期に言及していない。

原題:
Bidens Get Coronavirus Vaccine in Bid to Boost Public Confidence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE