, コンテンツにスキップする

EU、ファイザーの新型コロナワクチンに条件付き製造販売承認を付与

更新日時
  • 欧州委員会はEMAの21日の勧告受けてその日のうちに承認
  • 欧州で年内の接種開始に道開く-欧州委員長は27日の接種開始目指す

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は21日、米ファイザーとドイツのビオンテックが開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンに、条件付き製造販売承認(CMA)を付与した。感染拡大や行動制限強化に苦慮する欧州で、年内の接種開始に道が開かれた。

  欧州委は欧州医薬品庁(EMA)の21日の勧告を受け、複数の手続きを圧縮してその日のうちに承認した。

  ファイザーの製品はEUで承認された新型コロナワクチン第1号となり、欧州で猛威をふるうコロナとの闘いは転換点を迎えた。このワクチンは英国と米国で既に利用が始まっているが、接種を待つ市民の不満を背景にEU首脳は当局に迅速な審査を求めていた。フォンデアライエン欧州委員長は27日の接種開始を目指すと先週表明しており、EUは予定通りに計画を進める環境が整う。

  一方、英国イングランドの南東部で感染が広がった新型コロナの変異種について、EMA当局者はこのワクチンが有効でないことを示唆する証拠はないと述べた。

  EMAの委員会は米モデルナが開発した同様の新型コロナワクチンも審査しており、重要な会合が1月6日に開かれる予定。

原題:
Pfizer, BioNTech Covid Vaccine Receives European Backing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE