, コンテンツにスキップする

デジタル庁への民間人材の先行募集開始へ、兼業OK-来秋発足で政府

国や地方自治体などの情報システムを統括・監理する「デジタル庁」の来秋の発足に向け、政府が民間人材の募集を始める。IT人材やリクルーターなど先行的に30人程度の採用を目指しており、兼業も認める方針だ。

  内閣官房のウェブサイトによると、採用予定職種はクラウド導入やネットワーク一元化のためのエンジニア、ITストラテジストやプロジェクトマネジャーなどで、民間人材を採用するリードリクルーターも募集する。勤務日数は1週間あたり3日を超えない範囲内などとしており、兼業も可能。勤務地は東京都港区となっている。

  先行募集の応募期間は2021年1月4日から22日までで、4月1日以降に採用する。デジタル庁全体では500人程度となる方針。

  菅義偉首相は就任後にデジタル庁の創設を進める考えを表明し、21日にデジタル・ガバメント閣僚会議を開いて基本方針を決定。来年9月に発足する予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE