, コンテンツにスキップする

英、食品供給が大混乱も-コロナ変異種で近隣諸国との物流に影響

更新日時
  • フランスは20日深夜から48時間、英国からの渡航と輸送を禁止
  • クリスマス期間の生鮮食品供給に深刻な混乱も-英食品・飲料連盟

英国最大の港から欧州大陸に向かう交通が全て停止し、英国内の食品供給に大きな混乱が生じる恐れが出ている。新型コロナウイルス変異種の広がりを受け、近隣諸国が英国からの渡航と輸送を相次いで禁止した。

  フランスは20日深夜から48時間の措置として、英国からの渡航を禁止した。これには貨物輸送も含まれ、解除する前に厳格な検査態勢を整えることを求めている。ドイツとイタリアは英国発の航空便乗り入れを停止し、スペインとポルトガルも同様の措置をとる構えだ。

  欧州連合(EU)離脱後の自由貿易協定(FTA)締結交渉が妥結に至らない中、今回の危機は英政府に合意に向け交渉の必要性をあらためて突き付けている。

英EU通商交渉、21日も継続-FTA年内批准できず異例の対応も

  貨物輸送の業界団体は消費者に対し、パニック買いを避けるよう促した。英食品・飲料連盟(FDF)は一方で、クリスマス休暇期間に生鮮食品の供給に深刻な混乱が生じる可能性があると警告。禁止対象からトラック輸送を除外するようフランス政府への働きかけを英政府に求めた。

U.K. Suppliers Sound Alarm as Virus Hobbles Import Routes

英ドーバー港で停止するトラック(21日)

  英ドーバー港は追って通知があるまでの措置として、フェリーの出国ターミナルを閉鎖した。

  英スコットランドの業界団体フード&ドリンクで最高経営責任者(CEO)を務めるジェームス・ウィザース氏によると、例年クリスマス前の23日にフランスとスペインで開く卸売市場に向かうため、100台以上のトラックが海産物を積んで国境を越えようとしていた。このまま国境で足止めされれば海産物が古くなって商品価値を失う恐れがあり、政府は貨物輸送を再開できるよう21日中に行動を起こさなくてはならないと、ウィザース氏は語った。

  EUも同日、ブリュッセルで専門家らが危機対策を協議したが、英国発着の渡航をどのように進めるか結論は出ずに終わったと、EU当局者が匿名で明らかにした。一部のメンバーは問題解決に向け政治レベルの緊急協議を求めた。

  一方、英国では事態の緊急性を打ち消そうと当局者が努めた。デービース首相報道官は食品のパニック買いを控えるよう住民に呼び掛け、「サプライチェーンはしっかりしており、食品の多くはドーバー海峡を渡って来ていない」と説明。ワクチンについても、英国はファイザーから「今年の供給の大多数」をすでに受け取ったと述べた。

関連記事
ポンド下落、英EU通商交渉や感染状況に懸念-豪ドルも安い
英国からの渡航、欧州各国が相次ぎ禁止に-コロナ変異種の感染拡大で

原題:U.K. Faces Food Crisis Threat as Virus Surge Blocks Trade (1)(抜粋)

U.K. Suppliers Sound Alarm as Virus Hobbles Import Routes (1)(抜粋)

(情報を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE