, コンテンツにスキップする

NY原油先物、一時3%安-英の変異種で感染拡大と都市封鎖懸念

更新日時

ニューヨーク原油先物相場が、アジア時間21日午前の時間外取引で3%反落した。英国で感染力の強い新型コロナウイルスの変異種が確認されたことを受け、同国で感染拡大が加速し、ロックダウン(都市封鎖)措置がさらに強化されるとの懸念が広がった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限はシンガポール時間午前10時22分(日本時間同11時22分)時点で、1バレル=47.65ドルで取引された。前週末18日の通常取引は49.10ドルで終了。原油先物相場は先週まで7週連続で上昇していた。

Oil on its longest weekly winning streak in almost two years

原題:Oil Falls Below $48 With Virus Mutation Raising Lockdown Risks(抜粋)

(最新の相場を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE