, コンテンツにスキップする

米サンフランシスコ連銀総裁、最終合意間近の追加経済対策を歓迎

  • 「こうした支援が有益なのは明らかだ」とデーリー総裁
  • 危機後の労働市場に強気姿勢も、今後数カ月は厳しい状況続くと予想

米サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は20日、9000億ドル(約93兆円)規模の追加経済対策が実現すれば、米経済が新型コロナウイルス危機を乗り切る能力に大きな違いをもたらすのは「確実」だとしながらも、今後数か月は厳しい状況が続くとの見通しを示した。

  米議会共和、民主両党の指導部が追加経済対策案で大筋合意したことを受け、デーリー総裁はCBSの番組「フェース・ザ・ネーション」で、「こうした支援が有益なのは明らかだ」と発言。新型コロナの感染拡大が始まった3月以降、連邦準備制度と議会による大規模な政策支援が景気てこ入れに不可欠だったと語った。

93兆円の米追加経済対策案、議会が大筋合意-20日にも上下両院で採決

  争点となっていた連邦準備制度の緊急融資制度については、最大の恩恵を得るために「議会と連邦準備制度、財務長官、国民が望んでいるのはわれわれがあらゆる手段を駆使できることだと確信している」と指摘。「緊急措置であり、危機時に活用するだけだ」とも述べた。

米経済対策交渉に遅れ、共和党上院議員のFRB緊急融資終了要求で

  さらに、デーリー総裁は労働市場について、「いったん危機を乗り越えれば強気だが、まだそこには至っていない」と分析。「未来は明るいものの、それに先立つ数カ月間はやや厳しい状況になる」と予想した。

原題:Fed’s Daly Welcomes More Fiscal Aid as Stimulus Deal Nears (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE