, コンテンツにスキップする

アップル、台湾ウィストロンへの新規発注を停止-印工場での暴動受け

  • 労働時間管理が不適切で一部の賃金支払いが10月と11月に遅延
  • ウィストロン、「再発防止の是正措置」に取り組んでいる

アップルは19日、生産を委託している台湾の緯創資通(ウィストロン)がインドに持つ工場で労働者による暴動が今月起きたこと受け、問題が解決するまで同社への新規発注を控えると発表した。

  アップルは資料で、ウィストロンが適切な労働時間管理を怠り、一部労働者への賃金支払いが10月と11月に遅れたことを暫定調査が示していると指摘した。

  「ウィストロンは懲戒処分を行い」、インド工場の採用・給与計算チームを再編しているとした上で、是正措置完了前に同社と新規契約を結ぶことはないとアップルは説明。「アップル社員が独立監査人と共に進捗(しんちょく)状況を監視する」としている。

アップル製品生産するインドの工場で暴動-労働者150人余り逮捕報道

  インドで「iPhone(アイフォーン)」を生産するアップル初のサプライヤーとなったウィストロンは同日、「新しい施設であり、事業拡大に伴い間違いを犯したことを認識している」と説明。「再発防止の是正措置にしっかりと取り組んでいる」とした。インド事業を統括していた副社長の職を解いたことも明らかにした。

原題:Apple to Suspend New Orders to Wistron After India Workers Riot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE