, コンテンツにスキップする

イラク、通貨ディナールの公定レートを約20%切り下げ-2003年以来

  • 中銀は公定レートを1ドル=1450ディナールに引き下げた
  • 石油価格の下落や原油の減産で経済危機に直面していることが背景

財政難に苦しむイラクの中央銀行は、通貨ディナールの公定レートを対ドルで約20%切り下げた。石油価格の下落や原油の減産で経済危機に直面していることが背景だ。

  中銀は声明で、公定レートを1ドル=1450ディナールに引き下げたと発表した。通貨切り下げは2003年以来。従来は1190ディナール前後だった。ドルは国内銀行に対し1460ディナールで売却される。

  世界第3位の石油輸出国であるイラクは、新型コロナウイルス感染拡大でエネルギー需要が低迷し、石油価格が急落したことを受け、外貨準備の枯渇を回避するための措置を講じている。政府は先月、逼迫(ひっぱく)した財政状況を和らげるため、長期の原油供給契約を結ぶ代わりに支払の前払いを求めた

原題:Iraq Devalues Its Currency as Economy Unravels (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE