, コンテンツにスキップする

英EU「ミニ片務」協定も可能、通商交渉年内妥結なければ-ゴーブ氏

英国と欧州連合(EU)が年内に通商交渉で妥結できない場合、双方が一連の「ミニ片務」協定を結ぶことができるとゴーブ英内閣府担当相(国務相)が述べた。

  英紙テレグラフによれば、英国とEU加盟27カ国は、英米のつながりに近い「特別な関係」を離脱移行期間終了後に築くことが可能だとゴーブ氏は指摘した。

  クリスマス後までに通商協定が承認される公算は現実的に小さく、移行期間終了の数時間前に議会採決を行うことできるだけかもしれないとゴーブ氏は語った。

  英・EU双方の事情に詳しい関係者はブルームバーグに対し、通商協定の締結交渉が20日に終わる可能性は低いと述べた。漁業権に関する相違が引き続き主な障害となっており、欧州委員会が提案した追加の譲歩に漁業が主要産業である複数の加盟国が抵抗している。ただそれでも、英国とEUの当局者は隔たりを埋めることはなお可能だと話しているという。

原題:U.K. Could Agree on ‘Mini Deals’ With EU If Trade Talks Fail(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE