, コンテンツにスキップする

クラリダFRB副議長、二番底予想せず-ワクチンが景気回復後押し

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は18日、米経済について、来年の回復局面でリセッション(景気後退)への逆戻りを回避する可能性が高いと語った。新型コロナウイルスワクチンを巡る展開を受けて景気見通しに楽観的見方を示した。

  クラリダ副議長はCNBCとのインタビューで、「二番底に陥るとは思わない。経済統計の面では厳しい月が数カ月あるかもしれないと言ってきているが、その一方で言うまでもなくワクチンを巡る極めて明るいニュースが出ている」と指摘。景気回復はこれまでのところ堅調とも述べた。

FOMC、経済が「顕著」に改善するまで債券購入を継続

原題:Fed’s Clarida Sees Strong U.S. Rebound on Vaccine, No Double Dip(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE