コンテンツにスキップする

マイクロソフト、サーバーやサーフェス向け半導体を自社設計-関係者

マイクロソフトは、同社のクラウドサービスで利用するサーバーコンピューター向けに自社設計のプロセッサー開発を進めている。パソコン業界では、インテルの半導体技術への依存度を減らすための取り組みが広がっている。

  マイクロソフトの計画に詳しい複数の関係者によれば、同社は英アームの設計をベースにプロセッサーを生産し、データセンターで利用する。多機能携帯端末「サーフェス」の一部製品向けに別の半導体を利用することも検討しているという。関係者らは、これらの取り組みは公になっていないとして匿名を条件に語った。

  マイクロソフトとアームの担当者はコメントを控えた。

原題:Microsoft Is Designing Its Own Chips for Servers, Surface PCs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE