, コンテンツにスキップする

シタデルはリスク警戒、テスラ採用はS&P500種に災いもたらす

米電気自動車(EV)メーカー、テスラがS&P500種株価指数に採用されるという歴史的な出来事は、その他の構成企業と株主に災いをもたらす可能性がある。

  シタデル・セキュリティーズのポートフォリオ取引責任者、グレッグ・サットン氏によると、S&P500種に連動するインデックスファンドはテスラ株700億ドル(約7兆2400億円)余りを買って、既存構成銘柄の株式を同程度売る構えだ。この強い売り圧力が混乱を招く恐れがあると同氏は警告した。

  S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスはテスラを21日の寄り付き前に、S&P500種指数の構成銘柄に一括採用することを決めた。そこで危惧されるのは、構成銘柄の多くの商いが低調で、急激に増えた供給を吸収できなくなる可能性だ。

  サットン氏は「一括採用の場合、資金調達トレードで売却が必要になる銘柄が増え、特に流動性の低い銘柄に大きな影響をもたらしかねない」と電話取材で指摘。「市場はそれを消化できるが、流動性に影響が出る可能性はある」と語った。

  S&P500種の構成銘柄入れ替えは頻繁にあるが、テスラの場合は時価総額6000億ドル超という並外れた規模のために、不確実性がいつになく大きい。テスラと入れ替わりで除外される不動産投資の米アパートメント・インベストメント・アンド・マネジメントは、規模がテスラの足元にも及ばず、他のどの構成銘柄にしわ寄せが行ってもおかしくない状況だ。

Tesla's giant size makes its S&P 500 entry a trading headache for passive funds

  ブログ「マクロツーリスト」のケビン・ミュア氏によると、強い売り圧力が予想される銘柄にはバークシャー・ハサウェイプロクター・アンド・ギャンブルジョンソン・エンド・ジョンソンなどがある。

relates to シタデルはリスク警戒、テスラ採用はS&P500種に災いもたらす

  18日の米株式市場でテスラ株は一時、前日比4.4%上昇。S&P500種のテスラ採用が発表されてからでは60%余り値上がりしている。

関連記事
S&P500種、テスラ加入でも割高感はさほど強まらず-ゴールドマン
テスラ、21日に一括でS&P500種採用-市場全体への影響必至 (1)
テスラ株、本当の価値は90ドルか780ドルか-ウォール街で割れる意見

原題:Citadel Securities Trading Chief Sees Tesla Creating Risk in S&P(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE