, コンテンツにスキップする

ロシア中銀が3会合連続の金利据え置き、インフレ加速で緩和見送り

ロシア中央銀行は、3会合連続で政策金利を据え置いた。インフレ加速が続く中で金融緩和を見送った。

  政策金利の1週間物レポ金利は過去最低の4.25%で維持。今年は既に2ポイントの利下げを実施している。ブルームバーグのエコノミスト調査では、44人中40人が据え置きを予想。残りは小幅利下げを見込んでいた。

  ルーブル下落がインフレ率上昇を招き始めたことで中銀は9月に緩和を停止したが、ナビウリナ総裁は先週、インフレ率は来年2月にピークを付けた後、低下に向かうとの見通しを示した。

ロシア中銀総裁、緩和サイクルは終わりに近づきつつあると指摘

  

Near the Top

Russia's central bank expects inflation to peak in February

Source: Federal Statistics Service, Bank of Russia forecast

原題:
Russia Keeps Key Rate on Hold Again as Inflation Quickens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE