, コンテンツにスキップする

元ノムラのトレーダーが禁錮刑を回避、MBS価格巡り-米連邦地裁

  • 判事はグラミンス被告に2年の執行猶予と6カ月の自宅謹慎言い渡す
  • 起訴されたトレーダーで有罪評決を受けたのはグラミンス被告だけ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルの元トレーダーらがモーゲージ担保証券(MBS)価格を巡り顧客を欺いたとされる事件で、元トレーダーのマイケル・グラミンス被告は禁錮刑を回避した。

  ノムラの住宅ローン担保証券(RMBS)デスクでエグゼクティブディレクターを務めていたグラミンス被告に対し、コネティカット州ハートフォードの連邦地裁のロバート・シャティニー判事は17日、2年の執行猶予と6カ月の自宅謹慎を言い渡した。

  2017年に有罪評決を受けたグラミンス被告(38)は、会社の利益や賞与を増やすために顧客にMBS価格に関する虚偽情報を伝達したとしてコネティカット州の連邦検察当局に起訴されたトレーダーの1人。MBSは透明性のある取引所で取引されていないため、投資家は価格評価をトレーダーに頼ることが多い。

  こうしたトレーダーの起訴はウォール街に衝撃を与えた。ブローカーディーラーはトレーディングデスクの監視を強化し、顧客とのコミュニケーションをより明確化したため、多数のトレーダーの停職や退職につながった。ただ、起訴されたトレーダーの中で有罪評決を受けたのはグラミンス被告だけだった。

  グラミンス被告の弁護士マーク・ムケイジー氏は17日、「この事件の経緯を踏まえると、かなりの刑期を求める政府の要求はばかげている」とコメントした。

関連記事

元野村トレーダー1人に有罪評決、債券価格巡り共謀-米地裁 (1)

元ノムラのトレーダー、架空の売り手で顧客欺くと証言-配属後教育か

元野村のトレーダーら、無罪答弁-住宅ローン担保証券めぐる訴追 (1)

原題:
Ex-Nomura Trader Avoids Jail for Giving Clients Fake MBS Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE