, コンテンツにスキップする

21年度実質GDP4%増、コロナ前水準に経済回復見込む-政府見通し

  • 名目GDPは4.4%増の559.5兆円、19年度と同水準へ
  • 20年度実質GDPは4.5%減から5.2%減に、戦後最大のマイナス

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

内閣府が18日公表した政府経済見通しによれば、2021年度の成長率は従来試算から上振れる。追加経済対策による押し上げ効果により、日本経済は新型コロナウイルス感染拡大前の水準に回復する。

  見通しによると、21年度の実質国内総生産(GDP)は前年比4.0%増と、7月の年央試算の3.4%増から上方修正された。名目GDPは4.4%増の559.5兆円程度と、19年度実績559.7兆円と同水準への回復を見込む。

  一方、20年度の実質GDPは4.5%減から5.2%減に下方修正し、戦後最大のマイナス成長となる見通し。感染再拡大の影響を考慮した。

  感染再拡大は物価の下押し圧力にもなり、20年度の消費者物価(総合)は0.6%低下と、従来予想の0.3%低下から下振れる。

2020年度2021年度
実質GDP

▲5.2%

(▲4.5%)

4.0%

(3.4%)

名目GDP

▲4.2% 

(▲4.1%)

536.1兆円

4.4%

(3.5%)

559.5兆円

完全失業率

 3.1%

(3.2%)

2.7%

(2.7%)

消費者物価(総合)

▲0.6%

(▲0.3%)

0.4%

(0.5%)

(注)完全失業率以外は前年度比変化率、( )内は年央試算。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE