, コンテンツにスキップする

12月17日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:S&P500最高値、米国債下落-経済対策の交渉続く

  17日の米国株式相場はS&P500種株価指数が続伸し、過去最高値を更新した。一方で、連邦政府の歳出法案を巡る交渉はまだ続いている。

  米国の労働者を支援するプログラムが近く失効するにもかかわらず、民主・共和両党はまだ追加の景気対策で合意できていない。朝方発表された先週の新規失業保険申請件数は予想外に大きく増加し、両党に交渉妥結を促したと投資家は受け止めた。

  • 米国株は上昇、S&P500種は過去最高値を更新
  • 米国債は下落、経済統計受けた朝方の上げを消す
  • ドル指数は2年ぶり安値、円やフランなど逃避先通貨にも売り
  • NY原油4日続伸、経済対策合意なら需要回復との見方
  • NY金は続伸、FRBが経済支援継続へ-経済対策合意も楽観

  S&P500種は前日比0.6%上昇し3722.48。ダウ工業株30種平均は148.83ドル(0.5%)高い30303.37ドル。ナスダック総合指数は0.8%上昇。

  TIAAバンクの世界市場担当プレジデント、クリス・ギャフニー氏は「企業とその収益にとって、中長期的に良好な環境が整うことを投資家は知っている」と指摘。「世界経済、特に米国は目先数カ月に厳しい局面を通過するだろうが、中央銀行による政策、そして未来は明るいようだ」と述べた。

  米経済には回復腰折れの兆候が増えている。労働者や中小企業への支援措置は失効が目前に迫り、長い手詰まり状態を打破して新たな対策をまとめるよう政府・議会への圧力は高まっている。新型コロナウイルスの感染者、死亡者いずれも米国で記録を更新し続け、活動制限を強化する動きが広がっていることが経済を脅かすとあらためて警戒されている。

  外国為替市場ではドル指数が2年ぶり安値を更新。米経済対策への楽観でリスク志向が高まり、逃避先通貨の買いは控えられた。ユーロは対ドルで急伸したものの、オーストラリア・ドルや北欧通貨に対しては下落。ポンドは堅調。英国と欧州連合(EU)の貿易協定を巡っては、妥結への希望がまだ残っている。

  ニューヨーク時間午後4時40分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。ドルは対円で0.4%安い1ドル=103円9銭。11月安値の103円18銭を割り込み、一時は0.6%安の102円88銭まで売られた。ユーロは対ドルで0.6%高い1.2269ドル。

  米国債相場は上げを消して下落。新規失業保険申請とフィラデルフィア連銀製造業指数が弱い内容となり、朝方は上昇していた。10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の0.93%。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は債券購入プログラムに変更を加えなかったことから、発表後には一時的に売りが出ていた。

  ニューヨーク原油先物相場は4営業日続伸し、2月以来の水準を回復。米追加経済対策が合意に至れば、新型コロナワクチンが普及するまでの石油需要の喚起につながるとの見方が広がっている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は54セント(1.1%)高の1バレル=48.36ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント2月限は42セント高の51.50ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は1.7%高の1オンス=1890.40ドルと、1カ月ぶり高値で終了。金スポット価格はニューヨーク時間午後2時20分現在、1.1%高の1885.90ドル。

  米金融当局は前日、経済支援継続の姿勢をあらためて示していた。この日は米経済対策協議で合意が近いとの楽観が強まった。RJOフューチャーズのシニアマーケットストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は「金が再び選好されるようになったようだ」と述べた。

原題:U.S. Stocks Rise to Records, Treasuries Decline: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Tests New Lows as Scandinavians Lead Charge: Inside G-10(抜粋)

Treasuries Erase Gains, Bear-Steepen as Stocks Attain Records(抜粋)

Crude Rises With Potential Virus-Relief Deal Fueling Optimism(抜粋)

Gold Bulls Take Heart From the Fed’s Resolve as Dollar Buckles(抜粋)

◎欧州市況:株は4日続伸、10カ月ぶり高値に上昇-ドイツ債は小幅高

  17日の欧州株は4日続伸。米国の経済対策合意への期待や、大詰めに入った英国と欧州連合(EU)の通商交渉が支援材料となった。

  ストックス欧州600指数は0.3%高、2月26日以来の高水準となった。この日は小売り、テクノロジー、メディア株が買いを集めた。

  投資家の関心は、漁業権を巡る問題を最後に残す英国とEUの通商交渉に集まっている。当局者は慎重ながらも数日内の合意成立を見込んでいる。

  さらなるロックダウン(都市封鎖)や英国とEUの通商交渉を巡る懸念を抱えながらも、欧州株は基礎資源や旅行、自動車を中心に12月も上昇を続けている。状況が正常化に向かえばシクリカル銘柄が恩恵を受けるはずだが、一部の投資家は乗り換えをためらっているかもしれないと、ピール・ハントのストラテジスト、イアン・ウィリアムズ氏は指摘した。

  ウィリアムズ氏は「パフォーマンスが良好だったものを手放すのは、たとえ非常に割高に見えても難しい決断だろう。従って投資家の間にはある種の群集心理があり、集団からの早過ぎる離脱には消極的なのだろうと思う」と述べた。

  欧州債はドイツ債が小幅な上げを削った。イタリア債はほぼ変わらず。英国債も変わらず。イングランド銀行(英中銀)は金融政策の据え置きを発表した。

  ドイツ債とイタリア債のイールドスプレッドは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して112bp。一時は109bpまで縮小した。

  短期金融市場が織り込むイングランド銀による来年12月の利下げ幅は6bpと、金融政策発表前から変化しなかった。

  ドイツ10年債利回りは1bp低下してマイナス0.58%、フランス10年債利回りは1bp下げてマイナス0.34%、イタリア10年債利回りは0.54%で変わらず。

原題:European Stocks Jump to 10-Month High on Brexit, U.S. Stimulus、German Bonds Edge Up, Italian Debt Steady: End-of-Day Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE