, コンテンツにスキップする
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg
cojp

S&P500種最高値、米国債下落-米経済対策の交渉続く

更新日時
A pedestrian walks a dog as snow falls in the near the New York Stock Exchange (NYSE) in the Financial District of New York, U.S., on Thursday, Dec. 17, 2020. Winter Storm Gail pounded the city as temperatures dropped to 27 degrees with frigid sustained winds up to 35 mph, making dining outdoors unbearable amid the Covid-19 pandemic that has already crippled the restaurant industry.
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

17日の米国株式相場はS&P500種株価指数が続伸し、過去最高値を更新した。一方で、連邦政府の歳出法案を巡る交渉はまだ続いている。

  米国の労働者を支援するプログラムが近く失効するにもかかわらず、民主・共和両党はまだ追加の景気対策で合意できていない。朝方発表された先週の新規失業保険申請件数は予想外に大きく増加し、両党に交渉妥結を促したと投資家は受け止めた。

  • 米国株は上昇、S&P500種は過去最高値を更新
  • 米国債は下落、経済統計受けた朝方の上げを消す
  • ドル指数は2年ぶり安値、円やフランなど逃避先通貨にも売り
  • NY原油4日続伸、経済対策合意なら需要回復との見方
  • NY金は続伸、FRBが経済支援継続へ-経済対策合意も楽観

  S&P500種は前日比0.6%上昇し3722.48。ダウ工業株30種平均は148.83ドル(0.5%)高い30303.37ドル。ナスダック総合指数は0.8%上昇。

  TIAAバンクの世界市場担当プレジデント、クリス・ギャフニー氏は「企業とその収益にとって、中長期的に良好な環境が整うことを投資家は知っている」と指摘。「世界経済、特に米国は目先数カ月に厳しい局面を通過するだろうが、中央銀行による政策、そして未来は明るいようだ」と述べた。

  米経済には回復腰折れの兆候が増えている。労働者や中小企業への支援措置は失効が目前に迫り、長い手詰まり状態を打破して新たな対策をまとめるよう政府・議会への圧力は高まっている。新型コロナウイルスの感染者、死亡者いずれも米国で記録を更新し続け、活動制限を強化する動きが広がっていることが経済を脅かすとあらためて警戒されている。

The dollar's decline this year may be just the first part of a reversal pattern

  外国為替市場ではドル指数が2年ぶり安値を更新。米経済対策への楽観でリスク志向が高まり、逃避先通貨の買いは控えられた。ユーロは対ドルで急伸したものの、オーストラリア・ドルや北欧通貨に対しては下落。ポンドは堅調。英国と欧州連合(EU)の貿易協定を巡っては、妥結への希望がまだ残っている。

  ニューヨーク時間午後4時40分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。ドルは対円で0.4%安い1ドル=103円9銭。11月安値の103円18銭を割り込み、一時は0.6%安の102円88銭まで売られた。ユーロは対ドルで0.6%高い1.2269ドル。

  米国債相場は上げを消して下落。新規失業保険申請とフィラデルフィア連銀製造業指数が弱い内容となり、朝方は上昇していた。10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の0.93%。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は債券購入プログラムに変更を加えなかったことから、発表後には一時的に売りが出ていた。

  ニューヨーク原油先物相場は4営業日続伸し、2月以来の水準を回復。米追加経済対策が合意に至れば、新型コロナワクチンが普及するまでの石油需要の喚起につながるとの見方が広がっている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は54セント(1.1%)高の1バレル=48.36ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント2月限は42セント高の51.50ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は1.7%高の1オンス=1890.40ドルと、1カ月ぶり高値で終了。金スポット価格はニューヨーク時間午後2時20分現在、1.1%高の1885.90ドル。

  米金融当局は前日、経済支援継続の姿勢をあらためて示していた。この日は米経済対策協議で合意が近いとの楽観が強まった。RJOフューチャーズのシニアマーケットストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は「金が再び選好されるようになったようだ」と述べた。

原題:U.S. Stocks Rise to Records, Treasuries Decline: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Tests New Lows as Scandinavians Lead Charge: Inside G-10(抜粋)

Treasuries Erase Gains, Bear-Steepen as Stocks Attain Records(抜粋)

Crude Rises With Potential Virus-Relief Deal Fueling Optimism(抜粋)

Gold Bulls Take Heart From the Fed’s Resolve as Dollar Buckles(抜粋)

(相場を更新し、第5段落に市場関係者のコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE