, コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は4日続伸、10カ月ぶり高値に上昇-ドイツ債は小幅高

17日の欧州株は4日続伸。米国の経済対策合意への期待や、大詰めに入った英国と欧州連合(EU)の通商交渉が支援材料となった。

  ストックス欧州600指数は0.3%高、2月26日以来の高水準となった。この日は小売り、テクノロジー、メディア株が買いを集めた。

  投資家の関心は、漁業権を巡る問題を最後に残す英国とEUの通商交渉に集まっている。当局者は慎重ながらも数日内の合意成立を見込んでいる。

  さらなるロックダウン(都市封鎖)や英国とEUの通商交渉を巡る懸念を抱えながらも、欧州株は基礎資源や旅行、自動車を中心に12月も上昇を続けている。状況が正常化に向かえばシクリカル銘柄が恩恵を受けるはずだが、一部の投資家は乗り換えをためらっているかもしれないと、ピール・ハントのストラテジスト、イアン・ウィリアムズ氏は指摘した。

  ウィリアムズ氏は「パフォーマンスが良好だったものを手放すのは、たとえ非常に割高に見えても難しい決断だろう。従って投資家の間にはある種の群集心理があり、集団からの早過ぎる離脱には消極的なのだろうと思う」と述べた。

European stocks continue climbing in December as vaccine rollout gets underway

  欧州債はドイツ債が小幅な上げを削った。イタリア債はほぼ変わらず。英国債も変わらず。イングランド銀行(英中銀)は金融政策の据え置きを発表した。

  ドイツ債とイタリア債のイールドスプレッドは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して112bp。一時は109bpまで縮小した。

  短期金融市場が織り込むイングランド銀による来年12月の利下げ幅は6bpと、金融政策発表前から変化しなかった。

  ドイツ10年債利回りは1bp低下してマイナス0.58%、フランス10年債利回りは1bp下げてマイナス0.34%、イタリア10年債利回りは0.54%で変わらず。

原題:European Stocks Jump to 10-Month High on Brexit, U.S. Stimulus、German Bonds Edge Up, Italian Debt Steady: End-of-Day Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE