, コンテンツにスキップする

イタリア、モンテ・パスキ売却を推進-21年初めにウニクレディトへ

  • モンテ・パスキ、経営維持には25億ユーロ必要-売却の緊急性高まる
  • イタリア財務省は3月末までに売却合意望む、1月までに概要策定へ

イタリア政府は国有化した銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナのウニクレディト売却を来年早々にもまとめようと、取り組みを加速させている。事情に詳しい関係者らが語った。

  非公開の情報だとして匿名を条件に語った関係者によると、財務省は3月末までにウニクレディトと合意に達することをめどに、1月までに売却の概要をまとめる計画だ。

イタリア政府、ウニクレディトとモンテパスキ売却交渉を加速-関係者

  モンテ・パスキは最近、経営を維持していくためには少なくとも25億ユーロ(約3200億円)と、従来見込まれた額よりも多くの資金が必要になる可能性が判明し、売却の緊急性が高まったと関係者は述べた。

  イタリア財務省は「保有するモンテ・パスキ株を放出するという政府決定を実行するために、必要な作業を全て行っている」と電子メールで回答。「実行中の作業は最も効果的な選択肢を探ることが目的だ。決定はまだ下していない」と説明した。

  モンテ・パスキとウニクレディトはコメントを控えた。

原題:
Italy Pushing to Sell Monte Paschi to UniCredit Early Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE