, コンテンツにスキップする

S&P500種、テスラ加入でも割高感はさほど強まらず-ゴールドマン

米電気自動車(EV)メーカー、テスラが来週にS&P500種株価指数の構成銘柄に加わった後も同指数の割高感は投資家が予想するほど強まらないと、米ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。

  テスラは株価急上昇により、来年の1株当たり利益予想平均を基にした株価収益率(PER)が170倍近い高水準となっている。ただし、デービッド・コスティン氏率いるゴールドマンのストラテジストは16日のリポートで、テスラのS&P500種入りでも同指数のバリュエーションに及ぼす影響は最小限に抑えられ、多くの投資家の「直感的な結論」は当惑させられることになると指摘した。

テスラ、21日に一括でS&P500種採用-市場全体への影響必至 (1)

  テスラの株価は今年に入り644%上昇しており、同社の時価総額は約6000億ドル(約61兆7300億円)。この時価総額を基にすればテスラがS&P500種に占めるウェートは1.5%となるが、同社の利益は全体の0.2%でしかない。

  コスティン氏らは、すでに過去最高に近い22倍となっている同株価指数のPERが、テスラ加入でさらに押し上げられると多くの投資家はみていると指摘しながらも、押し上げ効果は「わずか0.4倍分」だろうとの見方を示した。

Expensive Tesla won't lift S&P 500 valuation by much, says Goldman

原題:Goldman Says Tesla Inclusion Won’t Make S&P 500 Much Pricier、Goldman Says Tesla Impact on S&P 500 Valuation Will Be Limited(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE