, コンテンツにスキップする

ペンス副大統領、18日にワクチン公開接種へ-「信頼高める」ため

  • トランプ大統領がいつ接種を受けるかは明らかになっていない
  • バイデン次期大統領は来週にも接種を受ける見通し-当局者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ペンス米副大統領は、新型コロナウイルスワクチンへの「信頼を高める」ため、18日に公の場で接種を受ける方針だ。米政府当局者の間では、多くの国民がワクチン接種を拒否する可能性があるとの懸念が出ている。

  ペンス副大統領の事務所によると、ホワイトハウスでの公開接種にはカレン夫人もアダムス医務総監と共に参加する予定。

  トランプ大統領は国民にワクチン接種を促す方針だが、自身がいつ受けるかは明らかになっていないと、マクナニー大統領報道官が今週述べた。

  政権移行チームの当局者によると、バイデン次期大統領は来週にもワクチン接種を受ける見通し。

原題:
Pence to Receive Vaccine Friday to ‘Build Confidence’ in Shot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE