, コンテンツにスキップする

シティの行員、12週間の長期有給休暇の取得可能に-さらに追加も

  • 追加の休暇(年間最大5日)を金銭処理で購入できるようになる
  • 基本給100%受け取りながら慈善団体で最大4週間無料奉仕も認める

米銀シティグループは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の状況を受け、最長で12週間の長期有給休暇の取得資格を新入社員特典の一部として近く付与する方針だ。5年以上在籍する行員が対象となり、休暇中は基本給の25%を受け取る。

  シティのスタッフはまた、来年以降に追加の休暇(年間最大5日)を金銭処理で購入できるようになり、基本給を100%受け取りながら慈善団体で最大4週間の無料奉仕を行うことを認めるプログラムも導入される。

  シティの法人顧客グループの人事責任者ダイアン・アーバー氏によれば、パンデミックが沈静化した後の仕事の在り方について、人事専門職トップが数カ月にわたり議論する過程で、新たな特典が副産物として考案された。

  アーバー氏は「今は皆が在宅勤務で極めて生産的な仕事を行っており、行員のためにどのようにやり方を変えるべきか立ち止まって考える時間が与えられた。人々は時に休止期間を必要とするが、キャリアをストップしたいとは思わない」と語った。

原題:Citi to Offer Workers a 12-Week Sabbatical, Extra Vacation Days(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE