, コンテンツにスキップする

EU、クリスマス前にコロナワクチン提供も-承認プロセス短縮化へ

  • 21日にEMA委員会の支持を得れば同日中に欧州委が承認か
  • 英米はファイザー・ビオンテックのワクチン接種を既に開始

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州当局は、米ファイザーとドイツのビオンテックの新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの承認に向けたスケジュールの短縮化を目指している。計画に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、これによって欧州大陸でクリスマス前に提供できる可能がある。

  同ワクチンが21日に欧州医薬品庁(EMA)のヒト用医薬品委員会(CHMP)の会合で支持を得れば、欧州委員会は同日中にも承認することを計画していると、欧州連合(EU)当局者1人は説明。そうなれば23日にもワクチンセンターへの最初の分の出荷が可能になると、関係者1人は指摘した。米国と英国では同ワクチンの接種が既に始まっている。

  EMAは当初29日に予定していたCHMPの会合を21日に前倒しした。

ファイザーとビオンテックのコロナワクチン、欧州当局が来週審査へ

  EU当局者1人によると、承認はEMAの発表のタイミングと、政治的干渉を受けずに評価を行ったとみられる必要があることに左右される。それでも最善のシナリオは、CHMPのレビュー、EMAによるCHMP勧告の受け入れ、欧州委の承認といった3段階を最短1日で行うことだ。

  ワクチン出荷は欧州委の承認が下りて初めて可能になる。欧州委の保健政策担当報道官、ステファン・ケールスメッカー氏は16日、「EMAが肯定的な勧告を受け入れ次第、欧州委は2日以内にワクチン認可の決定を下す」と説明した。EMAの報道官はさらなるコメントを控えている。

  米国と英国の当局が同ワクチンの緊急使用を認めたのに対し、EMAは条件付きの販売承認に向け審査している。欧州委の保健・食品安全総局は今週、そうしたプロセスはより高いレベルの裏付けを必要とすると説明していた。

ファイザーのコロナワクチン、米FDAが緊急使用を許可

原題:EU Said to Expedite Covid Vaccine Seeking Pre-Christmas Rollout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE