, コンテンツにスキップする

中国による米選挙介入疑惑、トランプ政権が新たな情報入手か

  • ラトクリフ米国家情報長官、報告書の議会提出保留を検討-関係者
  • 米国家情報長官、中国の脅威を十分に反映した報告書を望む

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

11月3日の米大統領選挙に外国勢力が介入した可能性について、ラトクリフ米国家情報長官は報告書の議会提出を保留することを検討している。米有権者に影響を与えようとした存在として、中国にもっと言及するべきだというのが理由。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  トランプ大統領が選挙結果の受け入れを拒む中、同報告書は18日に議会への提出が予定されている。

  情報の機密性を理由に匿名で語った関係者によると、ラトクリフ氏は中国がもたらした国家安全保障上の脅威を十分に反映した報告書を望んでいる。 

President Trump Presents Medal Of Freedom To Lou Holtz

ラトクリフ米国家情報長官

 トランプ政権ではラトクリフ氏のほか、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ポンペオ国務長官、バー司法長官らが今夏、米選挙に対しては中国がロシアよりも大きな脅威だと示唆していた。ただ、当時の情報機関の評価はそうした主張を支持していなかった。

  関係者らによるとラトクリフ氏が懸念を強めたのは、トランプ氏の再選を阻むために中国指導部が取った行動、もしくは立てた計画についてより詳しい最新情報が出てきたことが理由。

  関係者の1人は、その情報の一部は中国語によるもので、選挙の前後数週間で集められたものだと述べた。内容についてはまだ評価中だという。

  中国側は以前、トランプ政権の主張を虚偽だと否定していた。在ワシントン中国大使館はコメントの要請に応じていない。国家情報長官室(ODNI)はコメントを控えた。

中国は第2次大戦後で最大の脅威、長期戦に備え必要-米国家情報長官

原題:
Trump Spy Chief Stirs Dispute Over China Election-Meddling Views(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE