, コンテンツにスキップする

コロナ薬候補「アビガン」有効性判断は困難、国の審査報告書-報道

Fujifilm Holdings' Avigan Influenza Drug As Company Said To Increase Production To Treat Ebola
Photographer: Akio Kon
Fujifilm Holdings' Avigan Influenza Drug As Company Said To Increase Production To Treat Ebola
Photographer: Akio Kon

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルス感染症(COVID19)の治療薬候補「アビガン」について、開発企業の治験では「有効性を判断するのは困難」とする国の審査報告書がまとまったと、共同通信が政府関係者への取材を基に報じた。

  開発した富士フイルム富山化学を傘下に持つ富士フイルムホールディングスは10月16日、抗インフルエンザウイルス薬アビガンの製造販売承認事項に、新型コロナウイルス感染症に対する効能・効果、用法・用量を追加する承認申請を行ったと発表した。

  共同通信によると、治験の方法や手順に問題があったとの認識が示されている。承認の可否は今月21日に開かれる厚生労働省の専門部会で決まる見通しで、国の審査報告書は重要な判断材料になると共同は伝えた。

関連記事

富士フHD:アビガン、新型コロナウイルス対象に承認申請

富士フHDが10月にもアビガン承認申請、症状改善確認-株価急伸 (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE