, コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は3日上昇、保険株が高い-ドイツなどユーロ圏債下落

16日の欧州株は3日続伸。ドイツやフランスの経済活動を示す統計が市場予想を上回ったことが好感された。

  ストックス欧州600指数は0.8%高。保険株が上げを主導した。銀行株は下落。欧州中央銀行(ECB)が全面的な配当禁止は解除する方針を示したものの、配当実施に厳しい制限を設けたことが嫌気された。

  投資家は英国と欧州連合(EU)による通商交渉や米国の経済対策、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を注視している。

U.K. stocks' recovery from crisis lows remains behind those of peer indexes

  欧州債はドイツ債が下落。製造業とサービス業の購買担当者指数(PMI)が市場予想を上回り、安全逃避の買いが巻き戻された。米経済対策で合意が成立するとの楽観も売りにつながった。

  ドイツ10年債利回りは11月9日以来最大の上昇。短期金融市場が織り込むECBによる来年12月時点の利下げ幅は7.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、前日の10bpから縮小した。

  イタリア債は10年債を中心に下げた。ドイツ債とのイールドスプレッドは2bp縮小して111bpとなった。

  英国債はイングランド銀行(英中銀)による政策判断の発表を控えて下げ幅を縮小した。

  ドイツ10年債利回りは5bp上昇してマイナス0.57%、フランス10年債利回りは4bp上昇してマイナス0.33%、イタリア10年債利回りは2bp上昇して0.54%。

原題:Europe Stocks Rise a Third Day on Strong Business Activity Data、Bunds Lead Euro-Area Losses on Haven Unwinds: End-of-Day Curves

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE