, コンテンツにスキップする

バークレイズ、トレーダー賞与原資の約10%増額を検討-関係者

英銀バークレイズは今年、トレーダーに支給するボーナスの原資を約10%増やす公算が大きい。記録的な収入増を反映させながらも、新型コロナウイルスの長期的影響が不透明なことも考慮し、バランスを取りたい考えだ。

  事情を知る複数の関係者によると、同行は賞与増額への期待を抑えるため、トレーダーとオンラインで話し合いを開始した。最終決定は下っておらず、10-12月(第4四半期)業績次第では計画を修正する可能性もあるという。関係者らは部外秘の情報だとして匿名を条件に話した。

  バークレイズの広報担当者はコメントを控えた。提案されている賞与増加率は、法人・投資銀行部門トレーディング収入の大幅な伸びを下回る。1-9月は同収入が52%増の63億ポンド(約8800億円)と好調だった。

  同部門では今年前半のボーナス原資が1年前より約4%多いが、収入ほど伸びていない。原資を10%増やせば、ボーナスの伸び率はほぼ前年並みになる。ボーナス原資から法人・投資銀行部門に振り向けられる分の比率を、同行は公開していない。

  関係者らによると、バークレイズは競合行の賞与計画にも注目している。JPモルガン・チェースはトレーダーの変動報酬を15-20%引き上げる可能性がある一方、バンク・オブ・アメリカ(BofA)の経営陣はボーナス原資を前年並みに据え置くことを提案している。ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は、投資銀行部門の債券トレーディング収入が急増したことを受けてトレーダーらに報酬で報いる意向を示唆した。

原題:Barclays Weighs Boosting Bonus Pool for Traders by About 10%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE