, コンテンツにスキップする

ソフバンク出資のトコペディア、IPO加速へモルガンSとシティ起用

  • 「選択肢を検討している、現段階ではまだ何も決断していない」
  • 李氏やティール氏支援のSPACはトコペディアとの合併検討

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが出資するインドネシアの電子商取引大手トコペディアは、新規株式公開(IPO)の計画を加速させるため、米モルガン・スタンレーと米シティグループを助言役に起用したと発表した。

  トコペディアは16日の発表資料で「上場先や方法についてはまだ決定しておらず、引き続き選択肢を検討している」と説明、「特別買収目的会社(SPAC)は検討する可能性のある選択肢だが、現段階ではまだ何も決断していない」と述べた。

  ブルームバーグ・ニュースは前日、資産家の李沢楷(リチャード・リー)氏とピーター・ティール氏が支援するSPACのブリッジタウン・ホールディングスがトコペディアとの合併の可能性を検討していると報じた。

  ブランクチェック(白地小切手)会社のブリッジタウンはトコペディアとの取引について仕組みや実現可能性を模索しているという。トコペディアの評価額は80億-100億ドル(約8300億-1兆400億円)となる可能性がある。

原題:Tokopedia Picks Morgan Stanley, Citi to Manage Debut Listing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE