, コンテンツにスキップする

菅首相、「国民の誤解招き真摯に反省」-5人以上の会食

更新日時
  • 「勝負の3週間」が経過、全国感染状況は高止まり
  • 往来自粛の要請は「現時点ではない」、GoToは28日から一時停止

菅義偉首相は16日、新型コロナウイルスの感染リスクが高まるとされる「5人以上の会食」に参加したことについて、「国民の誤解を招くという意味においては、真摯(しんし)に反省をしている」と述べた。

  他の出席者との距離はあったとしている。全国の感染状況に関しては、対策の徹底を求めた「勝負の3週間」が終了したものの、「高止まりの状況」との認識を示した。

  往来自粛を求める考えは現時点ではないと語った。政府は、観光支援事業「Go Toトラベル」を、28日から全国で一時停止する方針だ。

  共同通信によると、菅首相は14日夜、東京・銀座のステーキ店「銀座ひらやま」で、自民党の二階俊博幹事長、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長、俳優の杉良太郎氏らと会食した。

  菅政権は16日で政権発足から3カ月を迎えたが、NHKの世論調査で、当初は6割超だった内閣支持率が、12月は4割台に落ち込むなど報道各社の調査で大きく支持を下げている。新型コロナの感染再拡大で、政府の対応を評価しないとする声が多い。

関連記事
(菅首相の発言の詳細を追加しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE