, コンテンツにスキップする

ユーロ圏サービス業は12月上向く、ドイツの感染対策強化で改善短命か

IHSマークイットの調査によれば、ユーロ圏のサービス業活動は12月前半に落ち着きを取り戻しつつあった。しかし、ドイツで大半の商店が新型コロナウイルス対策強化で年内の営業停止を余儀なくされるなど、安定化への兆しは短命で終わる可能性が高い。

  IHSマークイットが16日発表した12月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)は49.8に上昇した。同指数は50が拡大と縮小の境目を示す。製造業の伸びも寄与した。

  • ユーロ圏の12月サービス業PMI速報値は47.3、予想42
  • ユーロ圏の12月の製造業PMI速報値は55.5-予想53

  域内最大の経済大国であるドイツでは、少なくとも1月10日まで生活必需品を取り扱う商店以外は営業停止となっており、政府は企業に年末休暇の前倒しを強く求めている。新型コロナワクチンの接種が始まり、本格的な回復が見込めるようになる前に再び状況が悪化する可能性がある。

  マークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「新型コロナワクチンはトンネルの先の光が見えてきたということだが、消費者向け企業の多くは依然として、短期的には非常に厳しい状況に直面するだろう」と述べた。

Euro-area services started to stabilize, but German lockdown will hurt

原題:Euro-Area Services Slump Eased Before New German Lockdown(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE