, コンテンツにスキップする

スノーフレイク、1週間で時価総額200億ドル減-ロックアップ切れで

  • 15日は9月のIPO後で初めて内部関係者が株高を現金化する機会
  • 株価は来年の予想売上高の83倍-ナスダック100の構成銘柄は約5倍

クラウド技術を活用したビッグデータの保管・分析サービスを提供する米スノーフレイクの株価が15日、3営業日続落となった。同社の内部関係者による株式売却を制限するロックアップの期限がこの日に切れた。

  株価は一時7.8%安の303.54ドルとなった。その後は下げ幅を大きく縮小した。この日は9月の新規株式公開(IPO)後で内部関係者が株価上昇を現金化する最初の機会だった。株価は1週間前に終値ベースで最高値を更新してから約17%値下がりし、時価総額が約200億ドル(約2兆700億円)減少した。

  来年の増収率が80%超と見込まれるスノーフレイクへの投資熱が市場で高まる中で、株価はこの3カ月に3倍余り上昇した。ピーク時に時価総額は800億ドル膨らんだが、その後、バリュエーションが伸び切ったとの懸念が強まった。

Snowflake has lost nearly $20 billion in market value since Dec. 8

  ナスダック100指数の構成銘柄が平均で来年の予想売上高の約5倍で取引されているのに対し、スノーフレイクの株価は83倍の水準にある。

原題:
Snowflake Sees $20 Billion Wipeout in Week as Lockup Expires (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE