, コンテンツにスキップする

菅首相が5人以上会食、与野党苦言-加藤氏「距離十分あった」

更新日時
  • 大人数・長時間の自粛要請も「一律に駄目ではない」-西村再生相
  • 菅政権発足から3カ月、コロナ対応への評価低く支持率は低下傾向

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、菅義偉首相が14日夜に政府が感染リスクが高まると注意を呼び掛けている「5人以上の会食」を行ったことに与野党から苦言が出ている。

  16日の衆院内閣委員会で立憲民主党の大西健介衆院議員は、菅首相が5人以上の会食に出席したことを問題視した。西村康稔経済再生担当相は、「一律に5人以上は駄目だと申し上げているわけではない」とする一方、大人数や長時間の会食は「できるだけ控えてほしい」と要請した。

  加藤勝信官房長官も記者会見で、大人数での会食は「目的と感染防止対策を徹底できるかどうかのバランスの中で、個別、適切に判断していくことが大事だ」と述べた。菅首相が参加した会食は、「広い部屋で、他の方との距離は十分あった」と説明した。

  共同通信によると、菅首相は14日夜、東京・銀座のステーキ店「銀座ひらやま」で、自民党の二階俊博幹事長、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長、俳優の杉良太郎氏、政治評論家の森田実氏、タレントのみのもんた氏らと会食した。

  公明党の山口那津男代表は15日の記者会見で、「首相の日程は公表され、国民に対する一定のメッセージ性があるので 、よく配慮しながら検討してもらいたい」と注文を付けた。立憲民主党の福山哲郎幹事長も「感染拡大が広がっている中だから、多少自粛をした方が良かったかなと思う」と述べた。

  菅義偉政権は16日で政権発足から3カ月を迎えたが、NHKの世論調査で、当初は6割超だった内閣支持率が、12月は4割台に落ち込むなど報道各社の調査で大きく支持を下げている。新型コロナの感染再拡大で、政府の対応を評価しないとする声が多い。

(加藤官房長官の発言を追加しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE