, コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、資産運用部門の人員10%削減-事業立て直しへ

  • 投資商品の閉鎖や評価損の計上が人員削減の背景-部門責任者
  • 手数料が比較的高い分野で新規資産増やす方針-部門責任者

スイス2位の銀行、クレディ・スイス・グループは今年に入り、資産運用部門の人員を10%削減した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて複数のファンドの閉鎖に見舞われた事業の立て直しを目指す。

  運用資産4380億スイス・フラン(約51兆2600億円)の同部門は、一部の投資商品を閉鎖したことや、一部の商品について評価損を計上したことが人員削減の背景にあると、部門責任者のエリック・バーベル氏が15日の投資家デーで説明した。

  バーベル氏は、今年は大口顧客を巻き込む不祥事があったほか、米ヨーク・キャピタル・マネジメントの持ち分で10-12月(第4四半期)に4億5000万ドル(約470億円)の減損費用を計上する見込みであるなど、同部門にとって厳しい年だったと指摘。

  同氏は今後2-3年間に手数料が比較的高い代替資産・非公開市場分野で新規純資産を100億フラン増やすとともに、ウェルスマネジメント顧客への販売を拡大する方針を示した。

  15日のプレゼンテーションによると、同部門の従業員数は1100人。

関連記事

クレディS新CEOが15日戦略、就任以来試練続く-今四半期赤字も

クレディ・スイス、米ヨーク・キャピタル出資で減損470億円見込む

クレディ・スイス、再保険2部門を閉鎖-主要投資家が資金引き揚げ

クレディ・スイス、資産運用部門でファンド閉鎖-人員削減

原題:
Credit Suisse Cuts Asset Management Headcount by 10% in Revamp(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE