, コンテンツにスキップする

バイデン氏、運輸長官にブティジェッジ氏を起用へ-関係者

  • 就任すれば米政権で同性愛を公表している初の閣僚に
  • 大統領選の民主党予備選で最も注目を集めた候補の1人

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米大統領は、運輸長官に前インディアナ州サウスベンド市長ピート・ブティジェッジ氏の起用を決めた。事情に詳しい関係者が15日に明らかにした。

  ブティジェッジ氏は、2020年大統領選の民主党予備選で最も注目を集めた候補の1人だった。アイオワ州党員集会で僅差の勝利を収めたが、その後に選挙戦から撤退し、バイデン氏支持に回っていた。

  人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーンのアルフォンソ・デービッド会長は15日、ブティジェッジ氏は同性愛を公表している初の閣僚になると述べた。 性的少数者を指すLGBTQの問題に注力する同団体は、ブティジェッジ氏らをバイデン政権の要職に指名するよう強く求めていた。

The League Of United Latin American Citizens Presidential Town Hall

ピート・ブティジェッジ氏

原題:Biden Taps Former Rival Buttigieg to Head Transportation (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE