, コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg
cojp

ECB、一部銀行に来年の配当再開を容認-利益の15%未満

Office windows of the European Central Bank (ECB) headquarters in Frankfurt, Germany, on Wednesday, Oct. 21, 2020. A push for a ECB green lending program to help the fight against climate change has run into skepticism despite attracting the interest of President Christine Lagarde.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州中央銀行(ECB)は、一部の銀行を対象に来年の部分的な配当再開を認めることを明らかにした。その一方で、新型コロナウイルスの感染拡大が及ぼす影響に備えて資金の留保を維持するよう強く呼び掛けた。

  来年1-9月について、銀行は配当および自社株買いの規模を2019-20年累積利益の15%未満、もしくは主要な自己資本比率の0.2%のいずれか低い方を超えないようにすべきだと、ECBは求めた。

原題:ECB to Let Some Banks to Pay Out 15% of Profit in Dividends、*ECB: BANK DIV. TO REMAIN BELOW 15% OF CUMULATED 2019-20 PROFITS(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE